読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

峰守備忘目録《ミネモリビボウモクロク》

小説家・峰守ひろかずが、発売中の自著リストとして公開しているブログです。プライベートな日記などではありませんのでご了承ください。

ほうかご百物語

「僕のモデルになってください!」

 美術部員の高校一年生・白塚真一が夜の校舎で出会った化けイタチの少女・イタチさんにそう頼み込んでしまったことが、たぶん全ての始まりだった。美術部員となったイタチさんや妖怪マニアの先輩・経島御崎とともに、美術部は校内で頻発する妖怪事件に挑んでいくことになる。そのうち妖怪仲間はどんどん増えていき(そしてカップルも増えていき)、そんなほのぼのとした賑やかな日常はずっと続くかに思えたが……。連作形式の学園妖怪ラブコメです。

 イラストは京極しん様。第十四回電撃小説大賞の受賞作を改稿した峰守のデビュー作です。電撃文庫で刊行され、全十巻で完結しました。やりたいことを全部やらせていただいたシリーズでした。電子書籍版も全巻出ております。  

ほうかご百物語 (電撃文庫)

ほうかご百物語 (電撃文庫)

 

  各巻については以下をご覧ください。各巻タイトルから電撃文庫公式サイトの該当ページに飛べます(リンク先から購入も可能です)。

 一巻です。鼬、のびあがり、九尾の狐、野襖(のぶすま)、牛鬼、鬼などが入っています。

 

 二巻です。犬神使いのボーイッシュ吹奏楽部員・滝沢赫音の登場編。犬神、おとろし、鎌鼬、河童、猿神などが入っています。 

 

 三巻です。火取魔、雪女、木の葉天狗、天邪鬼、白澤などが入っています。「もしかしたら三巻で終わるかもしれない」と思って書いたので、大団円とも取れるラストになっていますが、おかげさまでこの後も続きました。 

 

ほうかご百物語〈4〉 (電撃文庫)

ほうかご百物語〈4〉 (電撃文庫)

 

  四巻です。しょうけら、袋担ぎ、蟇(わくど)、付喪神、蚊帳吊狸などが入っています。化け猫の血を引く多々羅木兄妹の登場編。一応この巻から新展開のつもりでした。

 

ほうかご百物語〈5〉 (電撃文庫)

ほうかご百物語〈5〉 (電撃文庫)

 

  五巻です。蛇女房、ぬっぺっぽう、座敷わらし、悪魔ヶ風、塵塚怪王などが入っています。飲んだくれスレンダーな蛇女房の鱗ほかが登場します。

 

ほうかご百物語〈6〉 (電撃文庫)

ほうかご百物語〈6〉 (電撃文庫)

 

  六巻です。一目鬼、牛蒡種(ごんぼだね)、画霊、布団被せ、山犬などが入っています。頑固で純情で絵描きの後輩少年フィルと奔放画家ニコ先生登場編。

 

 七巻です。機尋(はたひろ)、手杵返し、シタガラゴンボコ、目競(めくらべ)、先触(さきぶれ)などが入っています。この辺から主人公以外のカップルが増えてきます。

 

  八巻です。応声虫、瘧鬼(ぎゃくき)、アマビコなどが入っています。あと二冊ありますが、一巻から積み重ねてきたあれこれが全部爆発するラストバトル編です。

 

  本編最終巻となる九巻です。天吊るし、細手長手、ぬらりひょん、覚(さとり)、袖(そで)もじきなどが入っています。派手なバトルは前巻で終わったので、主人公とヒロインがお互いに向き合う話がメインです。この話だけを一冊かけてやらせてもらえたのはありがたかったです。

 

ほうかご百物語あんこーる (電撃文庫)

ほうかご百物語あんこーる (電撃文庫)

 

  雑誌に掲載された短編の改稿版と、九巻のその後の最終話(書き下ろし)を収録した一冊です。ダリ、オボ、山地乳(やまちち)、活人形(いきにんぎょう)などが入っています。

広告を非表示にする