峰守備忘目録《ミネモリビボウモクロク》

小説家・峰守ひろかずが、発売中の自著リストとして公開しているブログです。プライベートな日記などではありませんのでご了承ください。

絶対城先輩の妖怪学講座

「文学部四号館四階四十四番資料室。俺はいつでもそこにいる」

 黒の羽織に白のワイシャツ、黒のネクタイという出で立ちの青年・絶対城阿頼耶(ぜったいじょうあらや)が、合気道をたしなむ後輩女子・湯ノ山礼音や、気さくで手先が器用な元演劇部の杵松明人(きねまつあきと)らを従えて妖怪の伝承の謎を暴いたり事件を解決したりする、連作SF伝奇ミステリー。オカルトに極力頼らず怪異の存在を説明してみよう、というところから始まったシリーズです。

 装画・口絵は水口十様。メディアワークス文庫より刊行中で、2017年8月末現在で十巻まで刊行されています。

 また、炬太郎様による漫画版が月刊B’s‐LOG COMICで連載されており、全2巻で完結済みです。いずれも電子書籍版も出ております。 

 各巻については以下をご覧ください。各巻タイトルからメディアワークス文庫公式サイトの該当ページに飛べます(リンク先から購入・試し読みも可能です)。

  一巻です。べとべとさん、幽霊、付喪神、馬鬼、ぬらりひょん、覚(さとり)などが入っています。

 

  二巻です。見越し、船幽霊、夜行さん、大百足、大蛇、いくちなどが入っています。海の怪異の話が多いです。

 

  三巻です。メインは天狗ですが、その他にも山姥、鵺、鎌鼬、わいらなどが入っています。

 

 四巻です。憑きものの話を中心に、ナメラ筋、一つ目小僧、泥田坊、ガイラゴなどが入っています。

 

 五巻です。河童、目々連、雪女、多邇具久(たにぐく)、ひょうすべなどが入っています。

 

  六巻です。ほぼ一冊丸ごと鬼の話で、方相氏、清姫、牛鬼、酒呑童子などが入っています。

 

   七巻です。一応この巻から学年が上がって第二部です。座敷わらしを中心に、破多破多(ばたばた)、ノタバリコ、釣瓶下しなどが入っています。 

 

 八巻です。メインはダイダラボッチで、その他には大入道、二口女、こそこそ岩、神隠し、ツチノコなどが入っています。

 

  九巻です。メインテーマは狐(とイヌ科の動物)で、狐憑き、小女郎狐、狸囃子、送り狼、髪剃り狐、宝珠の玉などが入っています。

 

  十巻です。メインテーマは予言獣で、クタベ、神社姫、件(くだん)、磯女、アマビコなどが入っています。

 

 ***

 

漫画版「絶対城先輩の妖怪学講座」

 炬太郎様作の漫画版です。B’s‐LOG COMICで連載されていました。原作1巻の内容を全2巻にまとめていただきました。 

絶対城先輩の妖怪学講座 1 (B's-LOG COMICS)

絶対城先輩の妖怪学講座 1 (B's-LOG COMICS)

 

 

絶対城先輩の妖怪学講座2 (B's-LOG COMICS)

絶対城先輩の妖怪学講座2 (B's-LOG COMICS)

 

 

B's-LOG COMICSの紹介ページです。試し読みもできます

 

 ***

 

外伝・未収録短編など

  • 「絶対城先輩の妖怪学講座 補講 青鷺火(あおさぎのひ)」

 メディアワークス文庫公式サイト用の書き下ろし短編です。以前はメディアワークス文庫公式サイトの書き下ろし小説コーナーで読めたのですが、サイトリニューアルにより読めなくなってしまいました。

 

  • 「鍛冶屋の婆」

電撃文庫MAGAZINE 電子限定版Vol.1」に収録された短編です。2014年春に配信されました(現在は配信は終了しています)。

 

  • 「ナベオロシ」

 漫画版1巻のアニメイト様の特典として書き下ろした掌編です。

 

  • 「天狐」

 文庫6巻のアニメイト様の特典の1pコミックです。(峰守は原作を担当しました)

 

  • 「塗り壁」

漫画版2巻のアニメイト様の特典として書き下ろした掌編です。

 

  • 「木霊」

漫画版2巻のアニメイト様の特典の1pコミックです。(峰守は原作を担当しました)